長野の和風スイーツは「いと忠巣ごもり」~お土産や贈り物に関するマナー~

長野の和風スイーツの定番「いと忠巣ごもり」の歴史

長野の和風スイーツの定番「いと忠巣ごもり」の歴史

長野和風スイーツで不動の人気を誇る商品が、信州長野の代表銘菓「いと忠巣ごもり」です。いと忠が誕生したのは明治元年、当時は小間物店を営んでいましたが、終戦後の昭和22年、甘い物に飢えている人々のニーズに応えるため、先代社長が菓子屋を始めました。

そして昭和35年に高級ホワイトチョコレートと黄味餡を使ったオリジナル銘菓「巣ごもり」を開発します。当時はまだほとんどの人がホワイトチョコレートの存在すら知らない時代でしたので、どれだけ画期的なお菓子だったかお分かりになると思います。

平成10年には【巣ごもりのいと忠】のホームページを開設し、現在は全国どこにいても銘菓「いと忠巣ごもり」が通販で購入出来るようになりました。信州長野の代表銘菓「いと忠巣ごもり」を、ぜひご家庭でお召し上がりください。

長野の和風スイーツをお土産や贈り物にする時のマナー

長野の和風スイーツをお土産や贈り物にする時のマナー

長野の和風スイーツをお土産贈り物にいかがでしょうか?

お土産や贈り物に喜ばれるものといえばお菓子です。特に和風スイーツは若い方から年配の方まで、幅広い年齢層の方に好まれています。お土産や贈り物を気持ちよく受け取っていただけるように、ぜひマナーを覚えておきましょう。

まずお土産は、先方に気を使わせないよう高価なものは避けましょう。また、小分けになっているもののほうが、先方の手を煩わせることがありません。渡すタイミングは玄関先ではなく、部屋に通され挨拶を済ませてからがベストです。紙袋から出し、一言添えてお土産のみを渡しましょう。

【巣ごもりのいと忠】では、お土産や贈り物に最適な長野の和風スイーツが揃っておりますので、ぜひご活用ください。

お土産や贈り物を受け取る時のマナー

お土産や贈り物にいただいた場合、どのようにして受け取ればよいのでしょうか?受け取ったお土産や贈り物は、その場で中身を確認しお礼を伝えましょう。相手は選んだ手土産や贈り物が本当に喜んでもらっているのかが気がかりですので、具体的に気持ちを伝えることがポイントです。

また、お菓子の場合は「おもたせで失礼ですが」などと一声添えて、お客様にお出ししましょう。美味しい長野の和風スイーツ「いと忠巣ごもり」なら、お客様との会話もはずむことでしょう。

お役立ちコラム

長野の和風スイーツに興味をお持ちの方は【巣ごもりのいと忠】へ

会社名 株式会社 いと忠
所在地 <本部・上郷店>
〒395-0002 長野県飯田市上郷飯沼2218-1
電話 0265-52-2464
URL http://www.sugomori.co.jp




▲PageTop